健康診断で中性脂肪が高いと言われたら!原因と対策を知ろう|Healthy Diet
HOME>注目記事>健康診断で中性脂肪が高いと言われたら!原因と対策を知ろう

食生活を見直すことから始めよう

肥満は様々な病気の原因を引き起こしてしまう可能性があります。肥満を引き起こす原因はやはり日々の食生活にありますから、見直していくことが大切です。「でもどうしたらいいの?」という方のために健康に関するQ&Aをまとめてみました。あなたに役立つ情報があるかもしれませんよ!

知っておきたい健康についてのQ&A

健康は気になるけど、仕事上どうしてもお酒の付き合いはやめられません……。

仕事でもできるだけ週に2日は休肝日を作ることが大切です。食生活が乱れがちな方は、野菜を食べるように気をつけたり、サプリメントを取り入れたりすることをおすすめします。

見た目はそんなに太っていませんが、中性脂肪が高いと言われました。下げる必要はありますか?

中性脂肪は肥満だけではなく、様々な病気を引き起こすこともありますので、太っていない方でも下げる意識を持つことが大切です。

肥満にならないためにどんなことに気をつければいいですか?

暴飲暴食をしないように心がけましょう。消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと太ります。自身の基礎代謝などを調べてそれに合った食事を意識しましょう。

ビフォーアフター

生活習慣病の原因です

中性脂肪は血液中に含まれている脂肪のことですが、生命を維持するためには欠かせなくなっています。しかし、飲酒や喫煙の習慣があったり、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の乱れだったりが原因で、血液中の中性脂肪の数値が高くなってしまうと、高血圧や高脂血症になるリスクが高まります。その結果、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、動脈硬化などの生活習慣病の原因になりえるのです。会社などで血液検査を受けて、中性脂肪の数値が高めだと指摘されたら、栄養バランスの良い食事を1日に3回食べるようにしましょう。

お酒は控えるようにしたい

会社の健康診断などで、血液検査を受けると中性脂肪の高さを指摘される人も少なくありません。お付き合いでお酒を飲む習慣のある人は、ビールや日本酒が好きな人が多いですが、糖分が多く含まれているため、過剰に摂取をすると中性脂肪の数値が高くなる原因になります。中性脂肪が高い状態が続くと、重篤な病気を発症する可能性があります。生活習慣や食生活を見直しても、なかなか数値が下がらない時は、内服薬を処方してくれるのでしばらくは続けることが大事です。

生活スタイルを見直す

年齢を重ねると、若い頃に比べると血液中の中性脂肪の数値が高くなっているので、悩んでいる人が少なくありません。生活習慣や食生活を見直す努力をしたり、生活習慣病を予防したりするために、早めに内服薬を処方してもらうことも大事です。

広告募集中